部下が自分の思うように動かないとお悩みの方へ

最近管理職の方から一番多い質問…それは
「部下がやる気がないのですが、
どうしたら変わりますか?」

「プライベートばかり優先する部下がいますが
仕事を頑張らせるためにはどうしたらいいですか?」
部下を変えよう変えようと必死です。

変えようとすればするほど逆効果。

人は押さえつけられると拒絶反応を示します。
人は簡単には変わりません!
また上記の部下を変えようとする
管理職の方には3つの特徴があります。

特徴

①部下のことが嫌い
②部下のことを信頼していない
③部下をダメな人だと思っている

相手に対しての愛がなく
自分が気に入らないから変わって
欲しいと思っています。

それでは部下との人間関係ができていないので
何を言っても無駄です。

どうすれば部下が動いてくれるのか

部下が動かないとお悩みのあなた!
部下の言葉や行動に否定から
入っていませんか?

人は認められたい動物です。
「いや、それは違うよ」
「プライベートを優先するなんて考えられない」
「その考えおかしいよ」
自分を否定する人を好きにはなりません。

それが部下の甘えや、わがままだった
としてもまずは受け止めてあげてください。
部下を理解する気持ちがなければ
部下を動かすことはできません。

ポイントは否定から入る→肯定から入る

たったこれだけで、
人間関係は良くなります。
部下を動かしたいと思ったら、
まずは部下のことを認めてあげてくださいね。
お読みいただきありがとうございました。


女性活躍推進研修と人材育成研修の
アイキャリア株式会社 代表 太田章代