自分と部下の認識レベルは相当違う

経営者・リーダーの人材育成に関するお悩みは尽きません。
「部下が はい!って言うのに
ぜんぜん分かっていないんだよね~。
も~返事だけいいんだよ」
ある管理職の方がボヤいていました。

部下の「はい」は
分かったの「はい」ではない時が
ありますよ~
「はい」は聞いていますの合図で
理解しているのとは違うことがあります。

伝えたことと全然違う・・を防ぐために

だから、指示を出してすぐに
実行に移すと、伝えたことと違う
結果になったりします。

指示 → 確認 → 実行
「はい」の返事を分かったと
とらえて確認を怠ると、後々大変なことになります。
「確認」の仕方は
「分かった?」と聞くと
「分かりました」と言います。

「大丈夫?」と聞くと
「大丈夫です」と言います。
これでは確認になりません。

指示出したことを、部下の言葉で
そのまま伝えてもらましょう。
部下とのコミュニケーションに
「確認」を入れてみてくだいね!

お読みいただきありがとうございました。