多くの管理職は部下のやる気をなくしています

管理職の言葉は、大きな影響力があります。
特に朝礼のスピーチは、社員をやる気にさせるか、
やる気を失くすかという大切な瞬間です。

ある会社の部長の朝礼スピーチです。
「君たちは、まだまだ未熟で、何にもできない。
最近クレームも増えている。自分たちの立場を理解して
しっかりと仕事に取組むように。」

社員 し~~~ん
部長は叱咤激励で言ったと思います。
しかし、社員はすっかりやる気を失くしてしまいました。
 

何がダメなのか。3つのNGワード

①「君たちは」YOUを主語にして社員を批判している
②~ない。否定語が含まれている
③クレームが増えているという事実だけ伝えている
 
ではどうすればやる気になるのか・・・
①「私は」Iを主語にして気持ちを伝える
②~ない。の否定語は含まない
③問題があるなら、今後どうするべきか対応策で
未来に向かって話しをする
以上を入れると

「私はみなさんが頑張っているのを知っています。
だからこそ、最近クレームが多いのを残念に思っています。
クレームは基本を怠った時に発生します。
今一度基本を大切にして、クレームを失くし
楽しく仕事をしよう。」

のような言葉になります。

最後に

管理職は社員を裁かない。
チームの一員として、より良い環境作りを
するために、みんなを巻き込みましょう。
お読みいただきありがとうございました。


女性活躍推進研修と人材育成研修の
アイキャリア株式会社 代表 太田章代