最近ブログやメルマガをご覧の方より
メッセージをいただけることが
増えています。
ご覧いただきありがたや~
ありがたや~です。

新入社員が入社して3ヵ月がたちました

「3」という数字は節目です。
3年で30%の離職率。
初めの3ヵ月はミスしたり、
叱られたりで心が折れることも多い
ことでしょう。

先日、20代の方々にコミュニケーション研修の中で
お互いに「ほめる」ワークをしました。

そうしたら
「社会人になって、ほとんど褒められたことがない。
ほめられると、こんなにモチベーションが上がるんですね。」
という声が聞かれました。

その男性は、
「上司に否定ばかりされて辛い。
一度辞めます。と伝えたが
まだズルズルといるんです。」と…

私は声を大きくしてお伝えしていますが
部下を否定しないで~~!!

否定すると、人間関係の質が悪くなり、
連絡・報告・相談もなくなり
悪循環に入ります。
否定する人とは信頼関係は築けません。

部下育成に必要な3つの「感」は・・・

・存在感を持たせる

「あなたは会社にとって必要な人です」

・自己肯定感を上げる 

「自分に自信を持ってもらう」

・有能感を植え付ける 

「積極的に発言してもらう」

この3つが部下に備われば、
やりがいを持って仕事ができるでしょう。

3つの「感」を持ってもらうには部下を
「認める」
「受け入れる」
「良い所を見る」
を意識してみてくださいませ。

人を育てることは企業にとって重要なポイント

上司のコミュニケーション能力が
問われる時代になっています。
少子高齢化が進む中、求人をしても
人が集まりません。

今いる人材を育てるのは、企業にとって
生き残りをかけた重要ポイントです。

お読みいただきありがとうございました。


女性活躍推進研修と人材育成研修の
アイキャリア株式会社 代表 太田章代