最近受注が増えてきている
「女性のキャリアップ研修」
今回は某信用金庫様の女性社員が
土曜日の休日に集まってくださいました。

女性が活躍することは選択肢のひとつ

アベノミクスの女性活躍推進で
女性の労働者人口も増えています。

産休・育休もとれるようになり
出産後も社会復帰しやすくなりました。

私は結婚はしていますが子どもがいないので
育児と仕事の両立の本当の大変さは
体験していないのでわかりません。

でも、友人とかを見ていると
大変だな~とはわかります。
何でもそうですが、体験しないと
わかっているようで、わからないですよね。

女性キャリアアップ研修をするときに
よく担当者に聞かれるのは
「先生は結婚されていますか?」
「お子さんはいらっしゃいますか?」
です。

独身の先生が研修をしたときの感想文に
「結婚していない人に苦労はわからないと思う」
と書かれていたそうです。

女性のキャリアアップには
仕事と家庭の両立というのが入ってきますので
独身は仕事だけしているから・・・
という感じるのでしょう。

気持ちはわかります。
体験していないとわからないのは
事実だと思います。

でもでも・・・
独身の方だって、独身でいたかった
わけではないかもしれません。
子どもがいない方だって、
本当は子どもが欲しくてもできなかったかもしれません。

だからこそ、育児と仕事を両立している女性の
お役に立てたらと思っていることろもあります。

多様な働き方とは「こうあるべき」と押し付けないこと

独身の先生が、
「結婚していない人に苦労はわからないと思う」
という言葉を聞いたらどれだけ傷つくでしょう。

私も友人から
「子どもがいる人は優しいよね~」
と言われて、悪気はないとわかっていましたが
グサッときました。
子どもがいないと優しくないのかと
感じてしまったのです。

現代は多種多様な選択肢があります。
結婚してもいいし 結婚しなくてもいい
子どもを産んでもいいし 産まなくてもいい
子どもを産んで退職してもいいし 続けてもいい
どの選択が正しいというのはないのです。

少子化を考えると「産む」
という選択がいいのかもしれませんが
人には色々な事情があることだけ
理解しておきたいです。

お読みいただきありがとうございました。


女性活躍推進研修と人材育成研修の
アイキャリア株式会社 代表 太田章代