時代の流れは本当に早いな~と
最近特に感じます。
今流行っていることは
1年後には忘れ去られています。

昨年流行った
「あったかいんだからぁ♪」
も歌わないし
五郎丸ポーズもしない。

今流行っているピコ太郎も来年の今頃は・・・
仕事でも同じです。
今していることが
1年後に良いとは限りません。

常に
「これでいいのか」
「新しい方法はないのか」
と考えることが求められます。
そこで大切なのが「会議」です。

生産性の高い会議をしていますか?

会議は会社を前進させるための案を
「決定」をする重要な時間です。
「決定」がなされずに
後手後手に回ることにより
時代に取り残され業績低下という
可能性もあります。

会議は出席者の時間=人件費を使うことを
考えると生産性の高い会議にしなくては
なりません。

ズバリ!
有意義な会議にするには
ファシリテーター役(進行役)の
腕にかかっています!

会議の生産性は進行で決まります

あなたの会社の会議はこんな
お悩みありませんか?
・目的を達成できずに終わる
・会議の時間が長引く
・意見が出ない
などなど・・・
これらすべて、進行役次第で
解消できますよ!

・目的を達成できずに終わるの解決策
→目的と目標を明確化して、
ホワイトボードに書いておきます。

話しが脱線したらすぐに目的に立ち返り
軸がぶれないようにすることにより
目的を達成できます。

・会議の時間が長引くの解決策
→会議も1時間と決めたら、
タイムマネジメントします。
1:10分で目的の共有
2:30分で意見を出す
3:20分でまとめる
など、時間を意識して進めると
時間内に終了します。

・意見が出ないの解決策
→「一人1つ以上意見を言う」
などのルールを作り、事前に考えてきもらう。
また意見の少ない人に質問をする。
また出た意見は否定しない。
などで解決できます。

みんなの大切な時間を使う会議。
無駄な時間にしないように
進行役はファシリテーションのスキルを
学ぶことをオススメします。

お読みいただきありがとうございました。


女性活躍推進研修と人材育成研修の
アイキャリア株式会社 代表 太田章代