上司と部下のコミュニケーションで大切なことは?

職場での部下と上司のコミュニケーションは
仕事を円滑に進めるためにも大切なことですね。
そんなこと分かりきっていると思いますが、
案外上手くいっていない人も多いものです。

先日、コーチング研修である方から質問がありました。
「部下と人間関係が悪いのですが、コーチングスキルは
有効ですか?」
答えはブー 有効ではありません。

部下を育てるには、まず人間関係が良くなくては
はじまりません。
人は感情の動物です。
好き、嫌いがあります。
部下は何を言われたではなく、
誰に言われたかで動くのです。

尊敬する上司なら何を言われても動けるし、
尊敬していない上司ならまともな事を言われても
動きたくないことだってある。

すべては、日頃からコミュニケーションが
上手くとれているかで決まります。
では、コミュニケーションをとるのに一番必要な
ことは何でしょうか。

部下のすべてを受け入れることです。

部下の個性を認めて、否定しない。
理解して差し上げてください。

部下は認めてくれる人に心を開きます。
部下の一番の理解者になって、
人間関係をまろやかにしてくださいね!
お読みいただきありがとうございました。


女性活躍推進研修と人材育成研修の
アイキャリア株式会社 代表 太田章代