マイナスのセルフイメージが緊張を呼ぶ

人前で話すことの多い経営者・リーダーのみなさま~
大勢の前で話す時、緊張して足がガクガク震えたり、
声が小さくなったりしていませんか?

私も、もともと話すのは得意ではなく、
今でも大きいパーティーの司会を任されると
緊張して、思うように話しができません( ;∀;)
そんな時は自分に悪いセルフイメージを
持っているのです。

「人前で話すのが苦手」
「失敗するかもしれない」
「頭が真っ白になったらどうしよう」
などなど・・・

そのイメージはそのまま自分に反映します。

良いセルフイメージを持つには

例えば「人前で話すのが苦手」と言っている方は
ずっと人前で話すのが苦手で脱出できません。
「かみそう」と思うと本当にかみます。
「緊張する」と言っていると本当に緊張します。
ではどうしたら、苦手意識がなくなるのでしょう?

脳をコントロールするために、
良いセルフイメージを持つことです。
「100名の前で堂々と話した」
「大勢の前で話すのが好き」
「話しているとワクワクしてくる」
などなど・・・

ここは、かっこよく話して決めたい!
という勝負の時には

3日前から、
「私は大勢の前で話すのが好き」
と呪文のように唱えてください。

 
セルフイメージが上がれば、
緊張から解放されます。

私もセミナーの前に、
「今日のセミナーはみんな喜んでくれた」
「楽しく仕事ができた」
とセルフイメージを上げていますよ!
あとは、自分が納得いくまで練習あるのみですね。
お読みいただきありがとうございました。


女性活躍推進研修と人材育成研修の
アイキャリア株式会社 代表 太田章代