プレゼンはポイントを押さえるとうまくいく

プレゼンテーションの時、
あなたはパワポまたはペーパーの資料は
使用しますか?

耳で聴くだけではなく、
目で見る資料があると相手の
理解度はグンと上がります。
ですので、パワポまたはペーパー資料は
あった方がいいですが、
説明する時にあまり頼り過ぎないように
気をつけましょう。

プレゼン注意ポイントを3つご紹介します

1つめ
パワポ・ペーパーをそのまま読まない。
ポイントを説明して、あとは聴講者に
付加価値がある情報を提供する。

2つめ
パワポ・ペーパーを見過ぎない。
目線は聴講者に向ける。

3つめ
資料をあちこち飛ばさない。
聴講者がどの部分を説明しているか
わかるようにする。
以上3つのポイントでした。

プレゼンは聴講者とのコミュニケーションです。
相手の反応を見て、内容を変えていけたら
いいですね!
お読みいただきありがとうございました。


女性活躍推進研修と人材育成研修の
アイキャリア株式会社 代表 太田章代