食事会のマナーポイントとは

経営者・リーダーはお客様の接待や、
所属団体での飲み会など、
人と食事をすることも多いですよね。
胃疲れさまです!
食事マナーというと大きくわけて
1:お箸の持ち方、ビールのつぎ方、
大皿の取り分け方などのスキル
2:周りに対しての気遣い
の2つにわかれます。

お店の人にも気遣いすることも必要

1のスキルも大切ですが、
その前に2の心が重要です。

最近、宴会のときに店員さんへの
言葉遣いが気になることがありました。
それは「否定語」を遣うことです。

例えば、注文した料理がなかなか来ない。
「だいぶ前に注文した○○がまだ
来ないんだけど。」

これは「ない」という言葉を遣って
いる否定語です。
これだと店員さんを
責めているように聞こえます。

同じ意味でもこちらはいかがでしょうか。
「だいぶ前に注文した○○は
いつ来るかなあ。」
「ない」という否定語を入れない
だけで印象がガラリと変わります。

一時が万事、何気ない日常が人材育成にもつながる

これは部下指導のときも一緒です。
「どうしてできないんだ」より
「どうしたらできると思う?」
の方が部下は、責められている感じを
受けません。

過去に起きたできないことを
振り返るのは時間の無駄!
未来に向かって今後できることを
考えていただく言葉を遣いましょう。

食事をする時、店員さんへの
言葉遣いもみなさん聞いています。
楽しい宴となるよう気をつけましょうね!
お読みいただきありがとうございました。


女性活躍推進研修と人材育成研修の
アイキャリア株式会社 代表 太田章代