ミスは社会人としてつきものです。人間は誰しも完璧ではないので、ミスをした事がない人はいません。上司でもミスをしたことはあるのに、部下がミスをすると責める上司がいます。ただでさえミスをして落ち込んでいる部下は、上司に責められて更にへこみ、自信を無くしてしまいます。また、上司に責められたくないがために、ミスを隠すようになるかもしれません。

同じ内容を伝えるにしても、伝え方ひとつで相手への伝わり方は違ってきます。嫌われてしまう上司がしてしまいがちな、部下がミスをした時の伝え方についてお話をします。

すぐに感情的になる上司

伝え方の前に、些細なことでも感情的になって大声をあげたり、怒鳴る上司がいます。部下の成長を願って叱るならまだしも、自分が腹が立つから怒ると、部下も周囲の人達も「また〇〇部長切れている」と心の中で思っています。また部下が嫌な思いをしてやる気を削がれます。
何でもパワハラと言われても困りますが、怒鳴るのは完全なるパワハラです。職場の雰囲気も悪くなるので、どんな内容であれ、怒鳴るのはやめましょう。

部下を責めるだけの「何で」「どうして」はNG

部下がミスをした時は、上司としてどのように対応したらよいのでしょうか。まずミスをカバーするために早急に対応する必要があります。また同時に部下の気持ちも理解するようつとめ、ミスをカバーすることに全力を注ぎます。そもそも、部下もミスをしたくてしている訳ではありません。心が動揺しており、早くミスを解決したいと思っています。そんな心が動揺している時に

「何でそうなったんだ」
「どうして言った通りにやらなかったんだ」

と責めるだけで、解決方法を考えないのは上司の対応としてNGです。

部下がミスをした時の伝え方

部下がミスをした時の指導の目的は『部下に同じミスを起こさせないようにする』です。起きてしまったミスを責めるよりも、今後同じミスを起こさないように指導します。

まずは部下の気持ちに寄り添い
「大変だったのは、わかるよ」「そんなミスをするなんて、〇〇さんらしくないね」と激励をします。

その後に、
「今回の反省点は何でしたか?」「今後同じミスをしないための対策を考えてほしい」
と具体的にやるべき事を伝えます。上司が解決策を考えて教えるのではなく、部下が自分で考えて上司に報告をしてもらいます。報告を受けた上司は足りないところがあればアドバイスをして、ミスが繰り返されないように対策を練ります。部下の気持ちに配慮しながら、ミスの再発を防ぐ。「伝え方」一つで部下との人間関係も変わってきます。

まとめ

人望のある上司ほど、部下を責めません。自分の指導不足があったかもしれないと反省し、部下には同じミスを繰り返さないように指導します。また、本当にデキる上司は、ミスを部下の責任だけではなく会社のシステムや、業務のやり方自体に問題があるのではないかと改善策を考えます。ミスを個人の能力だけの問題にしていると、いつまで経ってもなくなりません。業務を進めていく上でミスを誘発するような箇所がないか。もし、問題がある箇所があれば業務全体を改善し、チームとしてミスを無くしていきたいものです。

人材育成研修のアイキャリア株式会社 代表 太田章代太田章代プロフィール