女性活躍推進研修のコンセプト

女性と男性の両方の目線に立ち、中立の立場で組織開発をします。
「女性活躍を推進するにしても何をして良いのかわからない」「もっと女性に活躍してもらうために後押ししたい」「女性社員の育成の仕方が分からない」と感じている企業様は多いのです。そんな企業様に女性が能力を発揮して働ける職場を作るための取り組みを応援します。
女性の活躍を推進しているからと言って女性のみを応援しているわけではありません。現在日本の管理職はほとんど男性なので、女性を育成している男性の立場にも立ち、女性と男性の架け橋となります。男女がお互い理解することでチーム力を強化して働きやすい職場作りを目指します。また女性の能力発揮を促すことにより、キャリア形成の支援や女性管理職の育成に寄与します。

女性の活躍を推進して目指す将来像

真の意味での働き方改革 ~ワーク アズ ライフ~

政府の施策である「働き方改革」。働き方を考える上で、女性能力発揮推進研修によって実現したいワークアズライフについてお話します。ワークアズライフとは、『全部仕事、全部人生』であると考えることです。簡単に言うと、仕事と人生との間に境界線を引かず、仕事も趣味のように考える生き方です。人材育成の仕事を通して「仕事は生活のために仕方なくしている」「できれば仕事をしたくない」「仕事は大変なもの。楽しいと思えない」という声を聞いてきました。そんな声を聞くたびに「時間を無駄にして欲しくない」と思い、弊社のビジョンを【働くを楽しむ】研修を通して仕事を楽しめる社会づくりに貢献すると掲げたのです。

私達は平日起きている時間の60~70%を働くことに費やしています。まさしく働き方=生き方になってきます。仕事を嫌々しているなら、生き方そのものにも大きな影響を及ぼします。反対に、時間を忘れてワクワクしながら仕事をする人もいます。休暇中も頭の片隅に仕事があり、良いアイデアが出てくることがある。そしてまたワクワク度が増して仕事が楽しくなっていくのです。ストレスを抱えながら仕事をするのか、ストレスフリーで仕事をするのか。どうせ仕事をするなら、後者の方がいいと思いませんか。働く時間と生活を分けるのではなく、自分は何が好きなのかを明確にして、働く時間も趣味と同じように没頭できるものを探す。これが真の意味での政府が推進している【働き方改革】になるのではないでしょうか。

・ワークライフバランス
仕事、生活、睡眠の境目を時間で区切っている。
バランスよく両立して相乗効果を生むことを考える。
→タイムマネジメント

・ワークアズライフ
睡眠以外の時間は『仕事であり生活』で区切りがない。
仕事であり生活の時間をストレスの有無で考える。
→ストレスマネジメント

なぜ今、女性活躍推進なのか

女性を取り巻く労働環境の変化

2012年から5年間で労働力人口は155万人増加し、2017年に6,720万人になりました。増加の主力は女性や高齢者で、今後も労働力人口が増加していくと予測されています。すでに一部の業種や地域では、人手不足が深刻化しており、少しでも多くの労働者を確保するために、賃金などの労働条件を引き上げたり、女性や高齢者でも働きやすい環境を整えています。産休、育休の制度が整い、退職をする女性が減ったことも労働参加率を押し上げています。しかし、人口の減少が続く以上、近い将来、労働力人口は必ず減少していくことがわかります。そのため、今後更に女性の就業率を高めることは、社会的に必須といえます。実際、この15年間で女性労働力率は15%以上アップし、女性の社会進出は確実に進んでいます。

グラフ

女性の能力が注目される理由

女性が活躍する企業は業績が伸びる。21世紀職業財団のアンケート結果(下記参照)でそれが表れています。5年前と比較した女性管理職の変化が「大幅に増えた」企業の売上指数が173.7であるのに対し、大幅に減った企業の売上指数は83.5と、2倍以上の差があるという驚くべき結果が出ているのです。
そもそも、社会人としてのスキルに個人差はあっても、男女差はありません。ただ、脳科学でも男性と女性の脳の違いがあるように、持ち味が違います。また女性が働きやすい環境を作れば、女性が戦力になり、生産性が高まり業績も向上していきます。女性を活かさないというのは、経営資源として大きな損失となるのです。今後企業の存続は女性の活躍が条件になっていきます。

企業の女性活用と経営業績との関係に関する調査
出所:21世紀職業財団「企業の女性活用と経営業績との関係に関する調査」(2003年)より
*:5年前の売上を100とした場合の現在の売上高

ダイバーシティに基づく職場づくり

女性が活躍するための企業の取り組みの1つがダイバーシティです。企業のダイバーシティ化に対する意識は高く、女性の活躍を推進する取り組みが進んでいます。労働時間の短縮や多様な勤務形態の導入などを通じて、仕事の生産性の向上を実現している例が少なくありません。ダイバーシティは「多様性」を意味し、人種、国籍、性別、年齢を問わずに人材を活用することを表していますが、弊社では女性の活躍推進にスポットをあてています。ダイバーシティの実現により、子育て世代のワーキングマザーや介護と仕事を両立している女性など、多様で柔軟な働き方が可能になります。