『毎日のように営業電話がかかってきて困る』『間違えて取り次いだら上司に叱られた』という経験はありませんか。仕事が忙しい中で、必要のない営業電話への対応は時間が無駄だと感じている人は多いのではないでしょうか。

私は前職で企業に電話営業していた側なので、電話口で相手にこう断られたら辛いという断り文句を知っています。
また、現在研修講師をしていて、事務員さんから「必要のない営業電話をスマートに断る断り方を教えてください」と度々ご質問があるので、それにお答えしたいと思います。

これよりは、一度断ったら同じ会社から2度と営業電話がかかってこない断り方とその解説をいたします。今からご紹介するトークでお断りすれば、不必要な営業電話への対応にイライラせずに、仕事に集中できるようになります。

営業電話に対して言ってはいけないフレーズ

最近かかってきた営業電話は「営業せずに仕事が取れるホームページをつくります」というものでした。営業せずにホームページだけで本当に仕事が取れるなら、電話をかけてきた会社も営業せずホームページで仕事が取れているはず。なのに電話営業をかけてくる時点で「私たちはホームページで仕事が取れていません」と公言していて本末転倒だと思ってしまいました。

「お忙しいところ申し訳ございません。私、〇〇会社の△△と申しますが、社長様はいらっしゃいますか」と言われたら、「あっ、営業電話だ」と気づきます。そこでイラッとしてはいけません。断るときは、あくまでも丁寧な言葉で断り、会社の印象を下げてはいけません。

なぜなら、営業電話をしている人とどこでどう繋がるか分からないからです。営業はこっぴどくガチャンと電話を切ったり、感情的に怒って切られたりしたことを覚えています。思い返すと、私も営業時代にひどい言葉で断られた居酒屋は今も印象が悪く、行きたくないと思っています。会社の代表として電話に出る限り、あなたにとって面倒くさいと思っている営業電話だったとしても、丁寧にお断りしましょう。

社長が不在だった場合、または営業電話だと気づいてその場で断るつもりでいた場合はどうしますか?

例えば、とっさに「ただいま席を外しております」と返答したとします。
営業電話だとわかったうえで、断ろうとしているのにこれはNGです。同じ会社から、また電話がかかってきてしまいます。

1回でスパっと営業電話を断るトーク

同じ内容の営業電話が何度もかかってこないようにするには、“営業電話の内容が本当に必要がなければ1回でハッキリ!スパっ!”と断るようにします。

まずは営業電話だと察知しても、本当に不必要な電話かを確認するため、用件をお伺いします。

「恐れ入りますが、どのようなご用件でしょうか」
と確認してください。用件をお伺いし必要ないと判断した場合は

「申し訳ございません。〇〇の件はお断りするように言われております」

とはっきりお断りします。入社歴が浅く用件が必要か必要でないかわからない場合は、一旦保留にして周りに確認してからお断りするようにしましょう。

実は、営業電話をする側にはアポイントリストがあり、不在の場合はまた電話するようにマークをつけ、担当者と話せるまで何度も電話をかけます。しかしこのようにお断りされると、NG(×マーク)を付けてリストから削除しますので、余程のことがない限りまた営業電話することはなくなります。

私は営業電話をかける側も受ける側も経験していますが、はっきり断った方が両者にとって時間の無駄を省けると思っています。
営業電話をかける人も人間です。営業電話の対応が面倒だと感じても、感情的にならずに柔らかく丁寧にお断りしてくださいね。

アイキャリア太田章代アイキャリア株式会社 代表取締役 太田章代
ビジネスコミュニケーション専門家、講演家

企業・団体でのコミュニケーション研修、ビジネスマナー研修など、1,600回以上登壇。個人の自立を目的として『コミュラボ』を立ち上げビジネスコミュニケーションを研究。コミュニケーション能力が最速で身につくように開発されたオリジナルメソッドで、職場の人間関係を改善するなど、好評を得ている。