太田章代
太田章代
執筆者:ビジネスコミュニケーション専門家 太田章代
日本一気さくで身近な研修講師、太田章代です。今回はビジネスで初めてメールを送る際のビジネスマナーについてお伝えします。

仕事で初めての相手にメールを送るときは、件名や挨拶ひとつで印象が大きく変わります。メールは文字だけのコミュニケーションですので、冷たく感じさせたり、失礼にならない文章を書くことが重要です。

これよりは、今後の取引にプラスになるような、『初めてメール』のビジネスマナーをご紹介します。

YouTube版も公開しています

『件名』は用件+送信者名

相手は毎日たくさんのメールを受け取るということを念頭に置き、件名を見て一目でどんな内容のメールかわかるようにします。簡潔に分かりやすく、無駄に長い文章にならないようにします。また初めてメールをする場合は、誰から届いたメールなのか分かるように、自分の会社名・氏名を件名の最後につけておくと親切です。

■件名の例/

NG:面談の御礼
NG:初めまして。□□(会社名)の××(氏名)です
一応OK:本日〇〇についてお時間をいただいた御礼【□□(会社名)の××(氏名)】
OK:面談の御礼【□□(会社名)の××(氏名)】
OK:担当変更のご挨拶【□□(会社名)の××(氏名)】

『宛名』は正式に書く

初めて送るメールはとにかく丁寧に文章を書くことをおすすめします。もしかしたら相手はビジネスマナーに厳しい方かもしれません。失礼がないように宛名は正式に書くようします。

■宛名の例/

NG:〇〇(株)△△様
→(株)と略すのは失礼です。

OK:〇〇株式会社
業務部 統括本部長
△△△△様
→会社名+部署名+役職+氏名を書きます。

『書き出しの挨拶文』に「はじめまして」は使わない

初めての相手にメールするときには、「はじめまして」を使いたくなると思います。しかし「はじめまして」はビジネスでは軽く感じられてしまうので使わない方が無難です。

・初めてご連絡を差し上げます。
・突然のメールで失礼いたします。
・突然のご連絡失礼いたします。

を使うことをおすすめします。
また、挨拶後に自己紹介をして誰からのメールなのか、わかるようにします。

「お世話になっております」はビジネスで面識がある方、取引がある方に使います。担当者が変更になり、挨拶に伺った後に御礼のメールをする場合は、初めてのメールですが「お世話になっております」で問題ありません。

■以前から会社と取引がある場合例/

いつもお世話になっております。
□□会社で営業を担当しております××と申します。

この度、前任の〇〇に代わり貴社の担当になりましたため、
ご挨拶の連絡をいたしました。

■面識がある人の場合例/

初めてご連絡を差し上げます。

本日、営業研修会で名刺交換をさせていただきました、
□□会社の××と申します。

この度は貴重なご縁をいただきまして
誠にありがとうございました。

■面識がない人の場合

突然のメール失礼いたします。
私、□□会社の××と申します。

この度、〇〇会社△△様からご紹介いただき、
ご連絡をいたしました。

【例文1】担当者変更の挨拶メール

件名:担当変更のご挨拶【□□(会社名)の××(氏名)】

〇〇株式会社
営業部 課長
△△△△様

いつもお世話になっております。
□□会社で営業を担当しております××と申します。

この度、前任の〇〇に代わり貴社の担当になりましたため、
ご挨拶の連絡をいたしました。

この4月に着任したばかりで、至らないこともあると存じますが、
貴社のお役に立てるように努めて参ります。

前任者同様、ご指導賜りますようお願い申し上げます。

またご挨拶に伺いたく存じますので、
改めてご連絡を差し上げます。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

——————————————-
署名

【例文2】名刺交換をした後の御礼メール

件名:営業研修会での名刺交換の御礼【□□(会社名)の××(氏名)】

〇〇株式会社
営業部 課長
△△△△様

初めてご連絡を差し上げます。

本日、営業研修会で名刺交換をさせていただきました、
□□会社の××と申します。

この度は貴重なご縁をいただきまして
誠にありがとうございました。

貴社の取り組みなどお話をしていただき、大変勉強になりました。

全国展開をされている貴社が、地域貢献のために
植樹をされているお話が心に残り、弊社も地域貢献を
意識して活動したいと思いました。

またお目にかかれることを心待ちにしております。

まずはメールにて恐縮ですが、名刺交換の御礼を申し上げます。

今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。

——————————————-
署名

【例文3】紹介された相手へ送る挨拶メール

◎◎会社◇◇様からのご紹介【□□会社の××】

〇〇株式会社
営業部 課長
△△△△様

突然のメール失礼いたします。
私、□□会社の××と申します。

この度、◎◎会社◇◇様からご紹介いただき、
ご連絡をいたしました。

現在、営業研修の開催を考えていらっしゃると伺いました。

弊社では、お客様にニーズに合わせたオリジナル営業研修を
しておりますので、お役に立てるかと存じます。

詳しい研修内容に関してご紹介をさせていただきたいので、
お時間をいただけませんでしょうか。

ご多用のところ恐縮ですが、ご検討いただけると幸いに存じます。

何卒よろしくお願い申し上げます。

——————————————-
署名

まとめ

初めての相手にメールを送るときの気遣いポイントです。

・『件名』は用件+送信者名

面談の御礼【□□(会社名)の××(氏名)】
上記のように、用件は簡潔に伝えその後に自分の会社名・氏名を入れる

・『宛名』は正式に書く

会社名+部署名+役職+氏名を書きます。

・『書き出しの挨拶文』に「はじめまして」は使わない

「はじめまして」は軽い感じがするのでビジネスでは使わない方が無難です。

・初めてご連絡を差し上げます。
・突然のメールで失礼いたします。
・突然のご連絡失礼いたします。

を使うことをおすすめします。

ビジネスメールは文字だけで相手への気遣いを伝える必要があります。特にはじめてメールする相手には最大限の注意が必要です。今後、相手との仕事の繋がりを継続させるためにも、好印象を与えるメールを送るようにしましょう。

研修実施報告一覧リンク 研修資料ダウンロードバナー
ビジネスマナー研修実施ガイド下部バナー
ビジネスマナーメールセミナーリンク