AKIYO先生
AKIYO先生
執筆者:ビジネスコミュニケーション専門家 太田章代

仕事で使用する応接室や会議室のどこに座ったらいいか迷うことはありませんか。とっさの場面で人の動きを見ながら、恐る恐る座ったけれど『この場所でよかったのかな?』と不安になることがあります。

私が企業様で研修をしているビジネスマナーの基本の1つに「席次」があります。席次とは、ビジネスにおいて座る場所や、立ち位置の並び順のことで、ビジネスで相手を敬う気持ちを表現したものです。

『座る位置なんてどこでもいいじゃないの』と思っている方がいるかもしれませんが、案外席次を気にしている人も多いものです。席次が守られていないと、社会人として非常識な人だと評価されて、今後の取引にも関わってきます。

ここでは、ビジネス上の様々な場面の席次についてご紹介します。相手から評価をさげないように覚えておきましょう。

YouTube版も公開しています

動画でも学べます。聞き流すだけでも理解できますよ!

席次(せきじ)とは

席次には目上の方への敬意の意味がこめられています。お客様や目上にあたる方には、その部屋で最も良い席『上座(かみざ)』をおすすめし、目下やおもてなしをする側は『下座(しもざ)』に座ります。

席次の基本
・出入口からもっとも遠い席が上座で、出入口に近い席が下座です
・絵画や景色が見える席が上座
・2人以上座れる長いソファが上座、1人掛けソファが下座

応接室の席次

応接室の席次図
出入口からもっとも遠い席が上座で、出入口に近い席が下座、2人以上座れる長いソファが上座、1人掛けソファが下座です。訪問した場合、特に席を指示されなければ立って待つか、下座に座って待ちます。

車の席次

車の席次図
タクシーは運転席の後ろが上座、助手席が下座です。しかし、運転手が変わると席次も変わります。例えば部長が運転をする時は、助手席が上座になり、部長の次の役職の方が部長の話し相手や運転のフォローをするために助手席に座ります。

エレベーターの席次

エレベータの席次図
エレベーターでは、外のボタンを押してお客様に先に乗っていただき、自分は後に乗ります。案内係は操作ボタンの前の下座に立ちます。降りる時は、中のボタンを押してお客様に「どうぞ」と言って先に降りていただきます。

まとめ

ビジネスマナーとは『相手への思いやりの気持ちを表現したもの』ですので、目上の方にとって居心地の良い席に座っていただくのが第一です。基本の席次を知った上で、相手の気持ちを第一優先にして、臨機応変な対応をしていきましょう。

アイキャリア太田章代アイキャリア株式会社 代表取締役 太田章代
ビジネスコミュニケーション専門家、講演家

企業・団体でのコミュニケーション研修、ビジネスマナー研修など、1,600回以上登壇。個人の自立を目的として『コミュラボ』を立ち上げビジネスコミュニケーションを研究。コミュニケーション能力が最速で身につくように開発されたオリジナルメソッドで、職場の人間関係を改善するなど、好評を得ている。