太田章代
太田章代
執筆者:ビジネスコミュニケーション専門家 太田章代
日本一気さくで身近な研修講師を目指している、太田章代です。

新型コロナウィルスの関係で、マスクをするのが当たり前になっています。マスク着用のままでも感じの良い名刺交換をして、今後の取引につなげていきたいものです。

私は、まだ新型コロナウイルスの感染が拡大する前の2020年1月、朝日新聞様より『接客におけるマスク着用問題』について取材を受けました。その時は『基本的に接客業のマスク着用はマナー違反』とお話しましたが、今とは状況が違います。マナーとは時代の流れと共に変化するものです。

これよりは、マスク着用のままでもスマートに名刺交換ができる方法と、ワンランク上のマスク名刺交換の具体的な方法についてご紹介します。
※コロナの感染状況や、世の中の流れにより対応方法は変化します。

YouTube版も公開しています

動画でも学べます。聞き流すだけでも理解できますよ!

マスク着用での名刺交換マナーの考え方

マナーにまつわるこんな話があります。イギリスのヴィクトリア女王が貴族を招いて晩さん会をしていた時のことです。招待したお客様が文化の違いから、指を洗うフィンガーボールのお水を飲んでしまいました。それを見たヴィクトリア女王は、恥をかかせてはいけないと思い、自らもフィンガーボールのお水を飲みました。お陰で和やかに晩さん会を終えることができたそうです。

形式上ではフィンガーボールは指を洗うものです。しかし、マナーとは「相手に対する思いやりを表現したもの」ですので、形式を重んじるものではありません。マナーとは心なのです。

マスク着用のまま名刺交換をする時も同じです。形式にこだわらずに、相手によって対応を変えて、相手への思いやりを伝えることができたら良いのです。

相手がマスク着用だった場合の名刺交換

名刺交換時に、相手がマスクを着用している場合は相手が『マスクを外すリスクがあると思っている』『会社でマスクは外さないように言われている』と考え、自分もマスク着用のまま名刺交換をしましょう。この場合は、マスク着用のままでも相手が不快になることはありませんが、気遣いとして「マスクをしたまま失礼いたします」など、一言あるといいでしょう。

相手がマスクを外した場合の名刺交換

相手がマスクを外した場合は、同じように外して名刺交換しましょう。相手は『マスク着用のまま挨拶するのは失礼』と思っています。その考え方に合わせるのがマナーです。どうしてもコロナウィルス感染が怖くてマスクを外したくない場合は、「申し訳ございません。会社でマスク着用を義務付けられていますので、マスク着用のまま失礼いたします」や「申し訳ございません。先日風邪をひいて治りましたが念のためマスク着用のまま失礼いたします」など、相手が納得する理由を添えて断りを得ましょう。「コロナウィルス感染が怖くて」と本当の理由を伝えると、相手が感染者扱いされたと感じ嫌な思いをする方もいるので、あくまでも相手の気持ちを第一に言葉を選びましょう。

ワンランク上のマスク名刺交換

マスクをしていると、口元が隠れているため通常よりコミュニケーションが取りづらい状態です。口元が見えない分、目だけで笑顔を届けます。目だけ動かすのは難しいと思うので、マスクで隠れて見えませんが歯を出して笑うようにすると、目も自然に動きます。また声も聞こえづらいため、いつもより大きめの声でハキハキ話すようにしましょう。

また、相手が遠くにいる段階でマスクを外せる状況があれば、一旦止まりマスクを外し「はじめまして。本日はお時間をいただきありがとうございます」と顔を見せて挨拶してからマスクを再度着用して近づき、マスクをしたまま名刺交換をしてみてください。ちょっとした気遣いの行動が、相手に好印象を与えます。

帰る時にお見送りをしてくれている場合は、少し離れたら振返ってマスクを外し「ありがとうございました」と笑顔で挨拶をしましょう。

まとめ

マスクをするのが当たり前ではなく、ちょっとした気遣いがあるだけで印象が格段に違います。今後コロナが収束しても、風邪でマスクをする機会もあると思います。
相手の状況によって臨機応変に対応して、思いやりある行動をする事がマナーです。ぜひ試してみてください。

研修資料ダウンロードバナー 研修実施報告一覧リンク