太田章代
太田章代
執筆者:ビジネスコミュニケーション専門家 太田章代
日本一気さくで身近な研修講師を目指している、太田章代です。

仕事では、上司から意見を否定されたり、自分の担当外の仕事を依頼されたり、「嫌だな~」と思う場面に遭遇することがあります。そんな時に、何と言ったらいいのか困って、モヤモヤしてしまうことありませんか。

悪気がなく言った言葉でも、上司にネガティブな印象を与え、関係がギクシャクしてしまう事もあります。

ここでは、社内のコミュニケーションにおいて、関係を悪くする『ネガティブ言葉』を、関係を良くする『ポジティブ言葉』に変換するテクニックをご紹介します。

YouTube版も公開しています

太田章代
太田章代
動画でも学べます。聞き流すだけでも理解できますよ!

『言葉』と『思考』をチェンジする

ネガティブな言葉をポジティブな言葉に変換するときには、『言葉』と共に『思考』をチェンジすることが大切です。

相手に『敵意』をもつと、ネガティブな言葉が出やすくなり、相手に『好意』をもつと、ポジティブな言葉が出やすくなります。単なる言葉を変換するだけではなく、相手を尊重する気持ちを持つようにすると、自然とポジティブ言葉が身についてきます。

ネガティブ言葉をポジティブ言葉に変換【7例】

ポジティブな言葉が人間関係を円滑にすると言っても、具体的にポジティブな言葉とは何かわかりづらいと思います。そこで、仕事でよくある場面を想定して、ネガティブ言葉をポジティブ言葉に変換してみます。

■提出期限を守ってもらうお願いをする場合

×「今日中に提出してもらわないと困ります」

○「今日中に提出をしてもらえると助かります」

否定表現は上から目線に感じられ、相手のやる気を失くさせてしまいます。肯定表現は、相手のモチベーションを高める効果があります。

■上司から意見を否定された場合

×「どうしてダメなんですか」

○「今後改善したいので、アドバイスをいただけませんか」

上司を責める言い方よりも、改善の意思があることを伝えた方が、印象が良いものです。

■上司の発言がコロコロ変わる場合

×「以前は○○と言っていましたよ」

○「私の聞き間違いかもしれませんが、以前は○○言っていましたが変更になりましたか」

上司の間違いを指摘するより、自分のミスかもしれないという謙虚な言い方にするだけで、目上の方にも指摘がしやすくなります。

■上司から「これやっといて」と仕事を丸投げされた場合

×「いやいや、それではできません」

○「ゴールが違っていたら申し訳ないので、少しだけすり合わせのお時間をいだけないですか」

「上司に迷惑がかかってしまうかもしれない」と、上司を立てるように伝えて、情報をもらうようにします。

■上司Aさんの指示通りに動いたら、上司Bさんに叱られた場合

×「上司Aさんから、こうするように言われました」

○「上司Aさんから、こうするように言われましたが、どちらの指示で行えばいいのか教えていただけますか」

事実をストレートに伝えるよりも、「教えていただけますか」とアドバイスをもらう方が印象は良いものです。本音は、上司2人でどちらが正しいのか話し合って欲しいですね。

■直属の上司以外の人から仕事の依頼がきた場合

×「その仕事を受けることはできません」

○「承知いたしました。お受けしますが、一度直属の上司と相談させていただいてもよろしいですか」

最初から「できません」と跳ね返すより、一旦受けて、直属の上司を巻き込むようにします。そうすることで、仕事を断るときも「直属の上司の判断で」と言いやすくなります。

■上司の長い話しを切り上げたい場合

×「話が長くなったので、そろそろいいですか」

○「お忙しいのに話が長くなって、申し訳ございませんでした」

「自分の都合」が優先されるより、「相手の都合」を考えて切り上げる方が、相手は嫌な感じはしません。

まとめ

ネガティブ言葉をポジティブ言葉に変換してみましたが、いかがでしょうか。相手の立場に立って、どのように伝えたら嫌な感じがしないかを考えてみましょう。伝え方をポジティブ言葉に変換するだけで、印象も変わります。相手のことを尊重して、ポジティブな捉え方をすることが、言葉もポジティブにしていくためのコツでなのです。


研修資料ダウンロードバナー
研修実施報告一覧リンク