AKIYO先生
AKIYO先生
執筆者:ビジネスコミュニケーション専門家 太田章代

良かれと思って言ったことが、女性社員から反感を買ってしまったという経験がある男性社員は案外多いのではないでしょうか。私の知人男性は女性社員の地雷を踏んでしまい、しばらく口をきいてくれなかったそうです。こんな状況だと仕事がやりづらくなり、精神的にも疲れてしまいますよね。

仕事ができる男性社員は、常に女性社員を味方につけています。居心地のよい職場をつくるには、女性社員に信頼されることは重要です。

男性から見たら難しいと思われる女性社員の女心も、コツを掴めば地雷を踏まずに済みます。これよりは女性社員3つの地雷をご紹介します。地雷をバンバン踏んでいる方は基本的には自覚症状が無いので、自分事として捉えていただければと思います。

YouTube版も公開しています


動画でも学べます。聞き流すだけでも理解できますよ!

地雷その1:平等に褒めていない

女性は「平等性」を求め、男性は「公平性」を求める傾向にあります。仕事の成果は別として、みんなと同じように褒められたいと思っているのです。

男性上司からしたらシンプルに良いことに対して褒めているかもしれませんが、褒める頻度が人によって違うと女性社員は「あの人の事はよく褒めるのに、私には全然態度が違う」と嫉妬して嫌な気分になっています。女性はその辺りをよく見ていると思ってください。私も前職の部長職時代に、部下の女性主任から「〇〇さんばかり褒めていますが、私のことも褒めてください」と直接言われた事があります。言ってくる人は少数ですが、多くの女性は心の中で思っています。

この地雷を踏まないようにするには、平等に褒めるようにチェックリストを作って褒めるしかありません。『面倒くさいな~嫉妬させておけばいい』と思った方!女性社員に嫌われた方が余計に面倒くさくなりますよ。管理職として女性社員との接し方を勉強する上でもやってみてください。

そしてもう一つ絶対にしてはいけない事は、女性Aさんに対して女性Bさんの事を褒めることです。これはかなりの確率で地雷を踏むことになります。男性上司に悪気はなくても、女性Aさんは、女性Bさんと比べられたと感じます。Aさんを上げることは、Bさんを下げる事と同じなのです。例えば

男性上司「Bさんは、いつも明るくて感じがいいよね」
女性Aさんの心の中『じゃあ、私はBさんより感じが悪いということ??』と否定された気持ちになります。

女性社員を褒める時は大勢の人の前、または女性社員と二人でいる時に褒めるとベストです。せっかく褒めたのに、シチュエーションを考えて褒めないと地雷を踏んでしまいます。知らないうちに嫌われないように注意が必要です。

AKIYO先生
AKIYO先生
面倒に感じると思いますが、男女問わずちょっとした心遣いができるといいですね。

地雷その2:相手が求めていないのにアドバイスをする

女性は物事を「感覚的」に、男性は「論理的」に捉える傾向にあります。同じ状況にあっても、共感して欲しい女性と、結論を出したい男性は、それぞれ求めていることが違ってきます。ただ聞いて欲しいだけの女性社員に結論を提示すると女性社員は「そんなアドバイスいらない」「どうして私の気持ちをわかってくれないの」と不満が出ます。例えば以下のようなケースです。

例1/
女性社員「〇〇さんから嫌がらせを受けています」

×男性上司「そんなの気にしなくていいよ」
 ⇒相手の気持ちを理解していない

〇男性社員「知らなかったよ。嫌がらせを受けているんだね。それは辛かったでしょう」
 ⇒相手の気持ちに寄り添っている

例2/
女性社員「昨日から腰が痛くて困っています」

×男性社員「〇〇接骨院がいいから行ってきたら」
⇒接骨院を紹介して欲しいわけではない

〇男性社員「大丈夫ですか。腰が痛いのは大変ですね」
⇒相手の立場にたって話している

女性社員が話している最中に会話に割り込んで意見を言い、地雷を踏んで怒らせてしまっているケースもあります。

地雷その3:人によって態度を変える

自分より立場の上の人には媚びて、自分より立場の下の人には横柄な態度をとる男性上司は嫌われます。女性社員に上から目線は禁物です。「これはこうするもんだろ」「こんな事もわからないのか」なんて言ったら、心の地雷を踏んでしまいます。相手によって態度が変貌する人を、周りの女性は見ています。

また女性社員は人の態度に敏感なので、お気に入りの特定の人を特別扱いすると感じとって嫌悪感を抱きます。40代・50代の男性上司が新入社員の女性社員に好かれようとして優しく接していると、陰で『〇〇課長、△△さんへの接し方違うよね』と言われ、気持ち悪いとまで思われてしまいます。

人によって態度を変えるのは、女性社員のやる気を削いでしまいチームワークも乱れます。このような上司は、上司としての資質に欠けると言わざるを得ません。職場の人間関係を円滑にするためにも、人によって態度を変えないようにしましょう。

まとめ

女性社員は男性社員よりも、自分を認めもらいたいという承認欲求が強めです。承認欲求は、自分と平等ではないと嫉妬してしまうのです。日本の女性は自分に自信がない人が多いため、認めて欲しい欲求が強いように感じます。誰にでも平等に丁寧に接することは、女性社員と信頼関係を築く上で重要な事なのです。

研修資料ダウンロードバナー ビジネスマナー研修実施ガイド下部バナービジネスマナーメールセミナーリンク
ビジネスマナーマスター講座バナー