日本一気さくで身近な研修講師を目指している太田章代です。

ビジネスシーンでは、相手との関係性により挨拶する言葉が変わります。使い方を間違ってしまうと相手に失礼に当たる言葉もありますので、気をつけたいところです。

今回はビジネスでの挨拶でよく使われている「お疲れ様です」と「ご苦労様です」の意味と、使い方についてご紹介します。

YouTube版も公開しています

動画でも学べます。聞き流すだけでも理解できますよ!

「お疲れ様です」「ご苦労様です」はどこで使うの?

「お疲れ様です」「ご苦労様です」は基本的に社内で使う言葉です。ただ、社外の人でも一緒に業務をしているなど、関係が深い人には「お疲れ様です」と使うこともあります。どちらも相手の苦労や頑張りに感謝する『ねぎらいの言葉』として使います。

「お疲れ様です」は目上の人に使うのは失礼?

「お疲れ様です」は、目下の人から目上の人にねぎらいを伝えるときに使われます。ただ目上の人から目下の人に使っても問題ないはなく、上司、同僚、部下、誰にでも使える挨拶です。

ただ「お疲れ様です」も相手の苦労をねぎらっている言葉ですので、目上の人には失礼では?という話もあります。『ねぎらう』とは、同等または目下の人が頑張ってくれたことに対し、感謝の気持ちを表すことですので、目上の人には失礼に感じるかもしれません。しかしビジネスでの「お疲れ様です」は相手をねぎらうというよりも、「こんにちは」と同じような通常挨拶として浸透しています。よって社内で「お疲れ様です」と目上の人に言っても失礼はないのではないでしょうか。

「お疲れ様です」と丁寧言うと?

「お疲れ様です」と目上に挨拶してもいいと分かっていても、会社の社長など上層部へ言うのは抵抗がある人がいらっしゃいます。その場合は、「お疲れ様でございます」「お疲れ様でございました」と、語尾を丁寧にしてはいかがでしょうか。これは、二重敬語ではなく日本語として正しいので使っても問題ありません。語尾が丁寧だと、相手から礼儀正しい印象を持ってもらう事ができます。

「お疲れ様です」の正しい使い方

・会社の廊下で同僚とすれ違うとき
「〇〇さん、お疲れ様です」
・社内の人から電話がかかってきたとき
「お疲れ様です。〇〇です」
・自分が先に退社するとき
「お疲れ様です。お先に失礼いたします」

「ご苦労様です」は目上に使うとマナー違反

「ご苦労様」は、目上の人から目下の人にねぎらいと伝えるときに使われます。目下の人に対して感謝し、いたわる言葉であるため、目上の人に使うと失礼に当たります。上司から「ご苦労様です」と声を掛けられたら、「お疲れ様です」と返すようにします。

「ご苦労様です」の正しい使い方

・上司が依頼した仕事に対し、部下が終了報告をしたとき
「ご苦労様でした。ありがとうございました」
・営業から帰ってきた部下に、上司が声かけするとき
「〇〇さん、暑い中ご苦労様でした」
・部下が残業した後、退社するとき
「遅くまでご苦労様でした」

社内のメールやチャットにも「お疲れ様です」と入れる

社内の相手にメールやチャットを送るときには、冒頭に「お疲れ様です」と入れます。グループチャットでは、自分の上司、部下など様々な立場の人が入っているため「ご苦労様です」より「お疲れ様です」と挨拶をするとベストです。ただ、冒頭の挨拶を省略してる会社もありますので、会社のルールに従いましょう。

記入例/
鈴木部長

お疲れ様です。〇〇です。
本日の営業報告です。

社外の人には「お世話になっております」を使う

「お疲れ様です」は相手へのねぎらいの意味があるので、取引先などの社外の人には使わないようにします。「お世話になっております」は相手に対し、『いつも仕事でお付き合いいただき、ありがとうございます』という感謝の気持ちが込められた言葉です。自分は相手のことを知らなくても、自社が取引をしている会社の人には「お世話になっております」を使います。

まとめ

・「お疲れ様です」「ご苦労様です」どちらも社内で使う挨拶
・「お疲れ様です」「ご苦労様です」どちらも相手をねぎらう意味がある
・「お疲れ様です」は誰にでも使える挨拶
・「ご苦労様です」は目上の人に使うと失礼になるので注意

研修で「部下がご苦労様ですと言ってくるので修正して欲しい」と依頼されたことがあります。また社外の人に「お疲れ様です」とフランクに言っているところを見ると、相手が不快になっていないかとヒヤッとすることがあります。正しい使い方をマスターして、相手に気持ちの良い挨拶をしましょう。

ビジネスマナー7日間メールセミナー 研修資料ダウンロードバナー
ビジネスマナー研修実施ガイド下部バナー
研修実施報告一覧リンク