あなたの職場には、キツイ言い方で自分の考えを押しつけたり、相手の間違いやミスをズバズバ指摘したり、考えを否定したりする女性社員はいませんか。そういう方は好きな人、嫌いな人がはっきりしていて、それをあからさまに態度に出すので「〇〇さんに嫌われたら怖い」と職場のみんなが腫れ物に触るように、常に気を遣っているのです。今回は、女性部下を持つ上司の方向けにお届けしようと思います。少しでも実際の職場で役に立てたら幸いです。

職場でキツイ言い方をしてくる人に悩む

キツイ言い方でも正しい事を言っていたら、何も言えずにモヤモヤしている人は多いのではないでしょうか。また男性上司は、異性である女性部下を叱るのが苦手です。「キツイ言い方を改善するように」と指導したいが、変に指導したら、スネて無視される、泣いてしまう等、面倒くさい事になる事を避けて叱れないのです。

キツイ言い方をしてくる女性部下の心理

キツイ言い方をすることにより「あなたより私の方が賢いのよ」「仕事ができるのよ」と示したい意図があります。キツイ言い方になるのはそれなりの理由があるはずです。例えば「何回言っても業務を覚えてくれない」のでキツク言いたくなる気持ちもわかります。しかし、自分に正義があれば、人にキツク言ってもいいという考え方に問題があります。上司も「言っている事は正しいから叱れない」と言いますが、いくら正しくても人を傷つけるような言い方をして良い権利はありません。職場ではいじめ、パワハラにもなりかねません。自分の言いたいことを感情に任せて浴びせるのは、ただの暴言です。「怖い」、「辛い」と、そもそも言葉を受け取る事どころでない状況は、職場環境として健全ではありません。

キツイ女性部下を放置するより嫌われる覚悟を

キツイ女性部下の態度改善がなければ、職場の人達は、これからもキツイ女性社員の顔色を伺いながら仕事を続けていかなければいけない可能性が大いに出てきます。放置しておくと、職場の雰囲気が悪くなり離職率が上がったり、生産性も落ちて売上に関わってくることもあります。キツイ女性社員の態度を改善できる人は上司しかいません。働きやすい職場を作るためにも上司が嫌な役を引き受けるしかないのです。長期的な会社全体やチーム全体のメリットを考えて、短期的には嫌われてもいい覚悟を持って毅然と叱ってください。

キツイ女性部下の叱り方

嫌われてもいい覚悟と申しましたが、実際は今後も仕事を一緒にしていく仲間ですので、わざと嫌われるような態度をとるのでは本末転倒です。あくまで会社やチームの利益最優先で、相手が改善してくれるのを目的に叱ります。

◆叱り方の手順

1. 1対1で話す

みんなの聞こえない場所に呼び1対1で話せる機会をつくる

2.雑談で心を開く

日頃のねぎらいや、感謝を伝える

3.用件を伝える

相手を責めるのではなく、Iメッセージで自分の想いを伝える
× 「あなたは、言い方がキツイ」 → 相手(You)が主語になっている
〇 「私はあなたの言い方がキツイと感じているので、改善して欲しいと思っています」 → 私(I)が主語になっている

4.相手の言い分を傾聴する

一方的ではなく、相手の話しを聴いて理解するように心がける

5.相手の気持ちもくみ取って味方になる

・「ハッキリ意見を言えるのは悪い事ではない。でも言い方を考えて伝えると、相手が受け取れるようになります。〇〇さんの事は頼りにしているので、これからも一緒に働きやすい職場づくりをして欲しい。」
・「何か困った事があったら、いつでも相談してください」等

上司として部下を叱ったり、指導する際には一貫した態度が最も重要です。チームで働く以上、そのチーム内で大切にすべきことをしっかりと浸透するように心がけることが重要であるとともに、会社やチームにとって損害となる発言や行動に関しては、しっかりと指導していくことはリーダーとして重要な考え方ではないでしょうか。

人材育成研修のアイキャリア株式会社 代表 太田章代太田章代プロフィール