窓口担当者向け ビジネスマナー研修_2021年8月の研修実施報告「J金融機関 様」

2024年01月15日 研修受講者様の感想

研修実施概要

日時:2021年8月24日(火)、25日(水) 3時間研修×4回 場所:愛知県岡崎市 受講人数:120名様

研修内容

窓口担当者向け ビジネスマナー研修

研修カリキュラム

1 はじめに ~顧客満足度とは~ 2 身だしなみを整える 3 表情は笑顔 4 丁寧な印象の動作 5 相手が安心する聴き方 6 正しい言葉遣い 7 接客基本用語 8 ケーススタディ 9 まとめ

研修実施企業様のご紹介

社名:J金融機関 様 事業内容:信用事業、共済事業、購買事業、販売事業、指導事業、宅地等供給事業、葬祭事業

※主催企業様のWEBサイトより引用(2021年08月時点)

受講者様 研修後の感想

マスクで口元が隠れているからといって油断していると「知らないうちにお客様に油断が伝わっている」という話には身に覚えがあり、気をつけないといけないと思いました。毎日意識して変えていこうと思います。
日常的にしている接客で、慣れから怠ってしまっていた部分に気づくことができた研修でした。改めて、お客様に寄り添った対応のできる職員になることが大切だと感じました。
研修内でペアの方とのワークがあり、その方から学べることがとてもたくさんありました。この経験を今後の窓口業務にしっかり生かしていきたいです。
スマートフォンで自分を録画した動画を見ることで、客観的に自分の所作を見直すことが出来ました。今回気づいたことを積極的に直して行きたいと思います。
お客様の立場に立ち、自分ならどんな対応を取ってもらえたら嬉しいのかを考える機会になりました。また、ペアワークでお相手の方から感じた気づきも多く、とてもためになる研修でした。お客様の立場を常に意識をした接客を心がけて行きます。
自分の思っている以上に正しい言葉遣いや、丁寧な所作ができていない事に気づきました。クッション言葉を入れるだけで印象が変わると感じたので、今後使っていきます。

研修講師の所感

銀行の窓口業務ということで、受講者さんはほぼ女性でした。身だしなみ、笑顔、言葉遣いなど、今日は感じが良くても、明日感じが悪ければ顧客満足度は上がりません。「いつも」「どこでも」「どんなときでも」気持ちの良い応対ができるといいですね。また、事務処理をこなすのではなく、お客様の立場に立った応対が求められます。ちょっとした心遣いの言葉で印象がガラリと変わります。


研修資料ダウンロードバナー

研修実施報告一覧リンク

page up