管理職の役割をチェック

管理職が求められる役割は、たくさんあります。その中でも一番重要なのが、部下のモチベーション管理だと思っています。少数精鋭の会社も多い
ため管理職の仕事だけとはいかず、プレイヤーとして第一線で活躍している方も多いでしょう。

しかし、プレイヤーだけでは管理職とは言えません。自分で仕事を抱えて、部下に仕事を任せられない管理職がいます。私もそうでした。管理職時代、営業として売上トップを維持するためのプレイヤーとして第一線を走っていたので、管理職として失格だったと思っています。言うまでもなく、組織はチームですから、部下を育てる事ができる管理職が必要なのです。

管理職研修をしているとよく見受けられるのが【部下に無関心な上司】です。無関心ということは、叱ることも褒めることもしない。働きやすい環
境を作ることもしない。個人プレイヤーです。しかし、みなさんのコメントを聞いていると、管理職の役割を認識していないために、管理職の仕事ができていない事が多いと感じました。

そこで、管理職の役割を記載しますので、よろしければできているかチェックをしてみてください。自分ができている事、できていない事に気づくことが改善のきっかけになります。

管理職の3つの役割

1:業務の企画・遂行・改善

  • 業務の管理
  • ルールの策定
  • リスク管理
  • スケジュール管理
  • 就業管理      他
  • 2:部下の育成

  • 部下・後輩の能力を高め、長期的に組織のパフォーマンスを向上させる
  • 仕事を任せてチャンスを与える
  • 叱る、ほめることで育成をする
  • プロセスを観察して評価・フィードバックする
  • コミュニケーションを綿密にとり部下のモチベーション管理をする 他
  • 3:経営理念・ルールの浸透

  • 会社は経営理念を体現する集合体なので、理念をしっかり理解する
  • 部下を巻き込んで会社を発展させる
  • 経営理念に基づいた判断軸を持つ     他

  • 女性活躍推進研修と人材育成研修の
    アイキャリア株式会社 代表 太田章代