パワハラの6つの類型

先日ビジネスマナー研修でお伺いした従業員数200名のT会社でのお話です。「最近パワハラ事例が3件上がってきていて対策を考えている。」また管理職からは「どこからパワハラかはっきりさせて欲しい」「部下に何も指導できなくなる」と言われているそうです。

厚労省はパワハラを「同じ職場で働く人に対し、優位な立場にある人が、業務の適正な範囲を超えて身体的、精神的な苦痛を与える行為」と定義しています。パワハラには主に6つの類型があります。

(1)暴行など「身体的な攻撃」
(2)暴言、脅迫など「精神的な攻撃」
(3)無視など「人間関係の切り離し」
(4)遂行不能な業務の強制など「過大な要求」
(5)能力に見合わない仕事を命じる、仕事を与えないなど「過小な要求」
(6)プライベートに過度に立ち入る「個の侵害」

パワハラの境界線ははっきりしない

パワハラの判断のポイントとなるのは、「業務上の適正な範囲かどうか」。管理職は部下の指揮監督や指導を行うことが求められているため、業務上の指示や指導に対する不満はパワハラとは認められていません。パワハラもセクハラもアウト!セーフ!の境界線がはっきりしていないのです。ですのでグレーゾーンという言い方になります。

私がハラスメント研修をする時には、目的が相手のため→「部下の成長のための指導」はセーフ!目的が自分のため→「自分が腹が立つから感情をそのままぶつける」はアウト!と伝えています。また、上司と部下の関係性も重要です。ハラスメントは人間関係を悪化させ生産性の低下にもつながります。管理職が指導するときには【部下の成長のため】を意識していきましょう。

言葉の暴力の一例
「バカ」「マヌケ」「給与泥棒」「使えない奴だ」「何やってもダメだな」「クビにするぞ」「存在が目障りだ」「何回言ったらわかるんだ」「お前なんかいなくてもいい」「何もしなくていい」「いい加減に会社を辞めてくれ」「こんなこともできないのか」「病気だろ」「親の顔が見て見たい」「お前は無能だ」「高卒だからな」「チビ」「デブ」「頭が悪いな」「派遣社員のクセに」

女性活躍推進研修と人材育成研修の
アイキャリア株式会社 代表 太田章代