50代管理職 男性よりご相談いただきました

「シンクロナイズドスイミングの井村コーチが、
ほめると選手の成長が止まる。だから叱るしかないと
言っていましたが、本当にほめるは人材育成に有効ですか?」

答えは「はい」。

部下がオリンピックで金メダルを獲りたい!
と思っているような、極めてモチベーションの高い人だったら
「叱る」だけでもいいと思います。

叱ると、もっと上達したいという気持ちに繋がるかもしれません。
しかし、最近の若年層の社員を見ていても高みを目指して、叱られても
突き進む人材は少ないのが現状です。

だから「ほめる」が必要なのです。
特に近年はメンタルが弱い人が増えていると言われています。
叱られると元気がなくなり仕事に支障がくるケースもあります。

「ほめる」と幸せホルモンのセロトニンが分泌されます。また
承認欲求が満たされてやる気に繋がります。

部下の性格を見て「ほめる」「叱る」のバランスを取りながら
育成していくことが大切です。

太田先生への人材育成に関する相談をしてみませんか?
以下のフォームのご相談内容欄に「太田先生へ相談」と題をつけ
お気軽にご連絡ください!

>>太田先生への相談はこちらをクリック<<

お読みいただきありがとうございました。


女性活躍推進研修と人材育成研修の
アイキャリア株式会社 代表 太田章代太田章代プロフィール